アレンジ・耳コピ

久々の更新となってしまいました。

来る引っ越しに向けてのろのろと準備をしております。

いい加減引っ越しネタもしつこいので、たまにはピアノ関連の話を。

 

最近

「どうやったらアレンジできるようになりますか」

「耳コピの方法を教えてください」

といったメッセージを頂くことがあります。

そういえばどうやってアレンジ・耳コピしてきただろう…と振り返ると

最初の耳コピは…まさかのドラムでしたw

 

小学校5年生の秋、音楽会でキリマンジャロを合奏することになりました。

当時叔父に連れて行ってもらった旅行先でドラムマニアに出会ってハマり、

さらに父親の友人がドラムを演奏していたこともあり、

「ピアノよりもドラムの方が楽しいじゃん!」と思っていましたw

その結果、音楽会の楽器決めで「先生!僕ドラムやります!」と言い出し

先生が困惑していたのを覚えています。(ドラムは予定には無い楽器でした。)

その後先生から教材用CDを借り、何度も聴き直し、フィルインもコピーして

(といっても、基礎的な8ビートにフィルインはタムを上から「デン・デン・デン」程度の物ですw)

一通り演奏した後に「CDと同じことやってる!」と感動したのを覚えています。

今思えばそれがきっかけですかね。

 

アレンジですが、きっかけはヤマハから出ている楽譜でした。

購入したのは恐らく、小学校高学年の頃…

CD付きの上級者向けポピュラーピアノシリーズで

斉藤雅弘さんの華麗なアレンジや、大宝博さんの独特なニュアンスのアレンジにハマり、

毎日のようにCDを聴き、弾いて楽しんでいました。

(私の演奏で恐縮ですが、斉藤雅弘さんのアレンジはこちら。

大宝博さんのアレンジについては、ジョン・レノンの「Imagine」が素敵なので、いつか演奏してアップロードしようかな…)

今思えばそっから自分のアレンジ方法を模索していったような気がします。

 

というわけで、まったく参考にならない昔話でしたがw

機会があれば、今後具体的な方法を発信していこうと思います。

 

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です